私たちのウェブサイトへようこそ!
section02_bg(1)
head(1)

F-29蛍光分光光度計

簡単な説明:


製品の詳細

製品タグ

F-29優​​れた光学設計により、機器の全体的なパフォーマンスが大幅に向上します。蛍光灯の安定性を高めるための、蛍光灯の製造における長年の経験。国内ユーザーの使用習慣に沿った、より深い顧客理解。

テストスペクトルの精度を確保するための高品質で高速なスキャン

 

特徴

波長範囲200-760nmまたはゼロ次光(オプションの特殊光電子増倍管は200-900nmに拡張可能)、

高い信号対雑音比130:1(水のラマンピーク)

高速スキャン速度3,000nm / min

主な機能:波長スキャン、時間スキャン

マルチオプションアクセサリ:固体反射アタッチメント、偏光アタッチメント、フィルター、および特殊な光電子増倍管のサンプル

 

関数

1.波長走査波長走査機能には、主に蛍光強度と光度の2つのデータモードがあります。サンプルの励起スペクトルと蛍光スペクトルは、一般的な方法である蛍光強度データモデルによって取得できます。
2.タイムスキャンタイムスキャンは、指定された時間間隔内の時間でテストされたサンプルの蛍光強度曲線を収集することです。サンプルの物理化学的変化を監視するために使用でき、速度論的方法を実行できます。
3.フォトメトリック法は、定量化に波長法を使用し、最大20の標準サンプルを測定でき、標準濃度の各ポイントを介して多角形の標準曲線を描くことができます。回帰標準曲線の作成には、1、2、3の累乗曲線を使用できます。破線であり、相関係数RとR2を同時に取得できます。
4.強力なスペクトル処理機能。2つのスペクトルを加算、減算、乗算、除算でき、スペクトルの面積を計算することもできます。スペクトル補正やシャッター制御など付き。

 

仕様

光源キセノンランプ150W

モノクロメータ励起および発光モノクロメータ

分散素子:凹型回折格子

ブレーズド波長:励起300nm、発光400nm

波長範囲200-760nmまたはゼロ次光(オプションの特殊な光電子増倍管は200-900nmに拡張できます)

波長精度±0.5nm

再現性0.2nm

最短6000nm / minでのスキャン速度

帯域幅励起1,2.5、5、10、20nm

放出1,2.5、5、10、20nm

測光範囲-9999– 9999

トランスミッションUSB2.0

標準電圧220V50Hz

寸法1000nmx 530nm x 240nm

重量約45KGS


  • 前:
  • 次:

  • ここにあなたのメッセージを書いて、私たちに送ってください