私たちのウェブサイトへようこそ!
section02_bg(1)
head(1)

TJ270-30Aデュアルビーム赤外分光光度計

簡単な説明:


製品の詳細

製品タグ

特徴

  • 高品質
  • 低迷光
  • 高精度測定
  • 操作が簡単なシンプルな構造

 

前書き

手頃な分析機器として、この典型的なタイプはパート15年間で非常に人気があり、非常に多くのOEMブランドとタイプで数百セットを輸出しており、多くのパートナーがこのタイプで大きな利益を上げています。

赤外分光法は、有機化学および分析化学で有機物質を特定するための最も強力な手法の1つです。赤外線分析は、定性的および定量的の両方が可能です。IR-30は、分析ラボで重要なツールです。

TJ270-30Aデュアルビーム赤外分光光度計を使用して、4000〜400cm-1のスペクトル範囲の物質のIR吸収および反射スペクトルを記録できます。これは、石油、化学工学、薬局、公衆衛生、環境保護などの分野のサンプル構造を分析するための強力なツールです。

Windowsアプリケーションソフトウェアは、分光光度計の制御、データ取得、および以下にリストされた機能を備えたスペクトル分析のためのユーザーフレンドリーなインターフェースを提供します。

  • スペクトルバックグラウンドベースラインメモリ
  • スペクトルバックグラウンドベースライン補正
  • スペクトルデータ平滑化操作
  • スペクトルベースライン勾配補正
  • スペクトルデータ差分演算
  • スペクトルデータ算術演算
  • スペクトルデータ蓄積操作
  • %TとAbsの変換
  • スペクトルファイル管理
  • スペクトルピーク検索
  • スペクトルスケール拡張
  • スペクトル吸収の拡大

 仕様

光学システム ダブルビーム
波数範囲 4000-400
透過率(%) 0〜100.0%
吸収性 0〜3Abs
電源 AC220V±10%50±1Hz300W
波数の精度 ≤±4(4000〜2000)≤±2(2000〜500
WNの再現性 ≤2(4000〜2000)≤1(2000〜450
透過率の精度 ≤±0.5%騒音レベルは含まれていません
透過率の再現性 ≤0.5%1000〜930
イオラインの平坦度と真直度 ≤4%
解決能力 ポリスチレンには3000付近に6つの吸収ピークがあります。少なくとも1%の高さで; アンモニアガスの分解能は2.5です 約1000、少なくとも1%の高さ。
迷光 ≤1%4000〜650≤2%650-400
X軸ズーム オプション
Y軸ズーム オプション
スリット幅 5ステップ
寸法 メインフレーム:800mm´610mm´300mm
重量 パッケージ付き78kg

  • 前:
  • 次:

  • ここにあなたのメッセージを書いて、私たちに送ってください