私たちのウェブサイトへようこそ!
section02_bg(1)
head(1)

LGS-2実験用CCD分光計

簡単な説明:


製品の詳細

製品タグ

説明

LGS-2実験用CCD分光計は汎用測定器です。CCDをレシーバーユニットとして使用し、アプリケーションの範囲を大幅に拡大し、リアルタイムの取得と3次元表示が可能です。光源のスペクトルの研究や光学プローブの校正に理想的な装置です。

グレーティングモノクロメータ、CCDユニット、スキャンシステム、電子増幅器、A / Dユニット、PCで構成されています。この機器は、光学、精密機械、電子工学、およびコンピューターサイエンスを統合しています。光学素子は以下のCTモデルを採用しています。

モノクロメータの剛性は良好で、光路は非常に安定しています。入口シルトと出口シルトはどちらも真っ直ぐで、幅は0〜2mmの範囲で連続的に調整できます。ビームは入口スリットSを通過します1(S1 は反射コリメーションミラーの焦点面上にあります)、ミラーMによって反射されます2。平行光はグレーティングGに向けて発射されます。ミラーM3 Sの回折格子から来る回折光の画像を形成します2 またはS3 (分流ミラーM4 出口スリットを集めることができます、S2 またはS3)。機器は正弦波メカニズムを使用して波長スキャンを実現します。

機器の好ましい環境は、通常の実験室条件です。その場所は清潔で、温度と湿度が安定している必要があります。機器は、換気と必要な電気接続のための周囲のスペースを備えた安定した平らな面(少なくとも100Kgをサポート)に配置する必要があります。

 

仕様

説明

仕様

波長範囲 300〜800 nm
焦点距離 302.5 mm
相対絞り D / F = 1/5
波長精度 ≤±0.4nm
波長再現性 ≤0.2nm
迷光 ≤10-3
CCD
レシーバー 2048セル
統合時間 1〜88ストップ
グレーティング 1200ライン/ mm; 250nmでのブレーズ波長
全体寸法 400mm×295mm×250mm
重量 15kg

  • 前:
  • 次:

  • ここにあなたのメッセージを書いて、私たちに送ってください